有段者への道

◆ 白帯(~七級)

白帯1 白帯2

全ての人がここから始まります。この時期にいかに基礎を積んでおくかが、後々の技の鋭さを左右します。

初めは必ず上の写真の左の立ち方、八字立という立ち方で突の形作りを行います。そして右の立ち方、騎馬立において突きにスピードと力強さを加えていきます。

下の写真は前蹴の練習をしているところ。このように二人組で行うことによって蹴の正確な形を覚えます。この練習を繰り返すことで、次第に前蹴は一人で蹴れるようになっていきます。

このように練習方法が確立しているので、どんな初心者でも確実に上達できます。

◆ 緑帯(六級~四級)

このレベルになると、目に見えて技が上達したのが分かるようになります。

この時期に教わる「型」とは、防御技や攻撃技を、ある決まった順序で繰り出す、一般的に「演武」と呼ばれるものです。
上の写真は「飛燕の型」の場面で、四方八方にいる敵を次々となぎ倒すという状況を想定した、とても豪快な型です。

緑帯になると、組手に備えて運足や約束組手という練習をします。
約束組手とは実際の組手を想定して決められた攻撃技と防御技を繰り出しあうことであり、下の写真がその場面です。

このような練習をすることで相手の突きや蹴りに対する恐怖心を無くしていきます。

緑帯1 緑帯2

◆ 茶帯(三級~一級)

茶帯1 茶帯2

茶帯になると、ようやく本格的に組手の練習が始まります。 2枚の写真がその練習の一例です。

上の写真はキックミットに向かって前蹴の練習をしているところです。このような練習を重ねることによって、攻撃のときのインパクトを体に覚えこませます。
このような練習を繰り返し、実際に使える技に仕上げていきます。

下の写真が突き技です。

◆ 黒帯(初段~)

このレベルになると、どのような状況に遭遇しても自然と空手の技で対応することができるようになります。

右の写真は防具をつけて行う組手のワンシーンです。磨き抜かれた技と技のぶつかり合いが、そこでは繰り広げられます。
大会や対外試合などでは、各大学の主力選手達が満を持して参加してくるので観客の声援も自然とヒートアップします。

はじめの2年間は、黒帯を目指して努力する事になります。しかし黒帯に到達したからと言って、そこで終わりではありません。むしろそこから、自己を最高にまで高めるための長い道のりが始まります。
その全ては、自己を更なる高みへ導かんとする強い意志があるからこそです。

黒帯1 黒帯2
inserted by FC2 system